2019年12月02日

1/1このはちゃんになってみる ConoHa Advent Calendar 2019 12/2

1/1このはちゃんになってみる

これは、ConoHaを愛する技術者である上村佐織がどうやって美雲このはちゃんになりきるかについて考察してみたという、ConoHa Advent Calendar 2019の12月2日の記事になります。

みなさま、一度でもあの清楚可愛い「美雲このは」ちゃんになりきりたいと思ったことありませんか???
私はありますよ、何度かトライしようともしましたよ。まぁいろんな理由で断念しましたが、どうやったら美雲このはちゃんに近づけるかを脳内で考えてみました。まぁ、なりきるといったらもうコスプレが一番手っ取り早いですよ、Vtuberのこのはちゃんって手もありますが(VRモデルを制作してぐりぐり動かしてVRChatあたりで暴れたらもう最高です)そんなことでコスプレするにはどうすればいいかなーっていうのを考えてみたってのがこの記事です。技術系のお話はプロの皆様にお任せしてます(前線から引退してかなり長いので)

ちなみに、さおりんとはこんなひとです(もうTechOYAJIで顔出ししてしまってるのであきらめてる)
DSC_0019.JPG

このはちゃんになるために必要なもの

衣装・ウィッグ・小物類・気合いと根性・溢れるこのは愛
このあたりが絶対必要になります。コスプレって割とハードル高いですからね、特に男性が女性の恰好するのはマジでハードル高いですからね(強調)


衣装を調達しよう

このはちゃんの衣装ですが、GMOさんのほうで量産型このは衣装が何着かありまして、借りようと思えば借りれるらしいです。但しサイズは女性用S〜Mあたりらしいので男性は相当小さくないと無理ですね。正直女性用のLサイズがあれば私の細さなら着れるんだ、マジです。ちなみにIT業界のコスプレされる知り合いの方で男性がいらっしゃるのですが、彼は普通に着れてしまうのでね、誰とは言いませんが偉い人です。


じゃぁ、作ってもらおう。巷にはコスプレ衣装を制作してくれるお店や制作代行してくれる個人の方などいらっしゃいますのでそれを活用して楽しましょうという方法です。費用は業者次第ですが、某コス〇ティオですと20万円は確実に超えます。基本の衣装で10万円ぐらいで刺繍に10万でしょうか??、ほかの業者ですと5万ぐらいで作れてしまいそうなのですが試してないのでいくらになるかはわかりません。制作には少なくても一か月はかかると思いますのでスケジュールには気を付けましょう。お披露目したいときに衣装がなければ泣くしかありません。
参考までに衣装屋さんをあげてみますー。

コスパティオさん

まぁ、最大手です。お高いです。

福岡のコスプレ総合ショップ「ぱるふぇ」さん


福岡のコスプレやさんですけど、安くやってくれそう

コスプレ衣装どっとこむさん

なぜか、プロ生ちゃん衣装の制作例が掲載されてるので、プロ生ちゃん衣装はここなのかな??

ほかにもたくさんのお店ありますので探してみてはいかが??


安くしたいー!ってことで自作ルートに突入です。私は、このはちゃんのコスプレはしてませんが、プロ生ちゃんのコスプレはしています。衣装は既製品流用・改造といいまして、衣装のパーツごとにお洋服を買っていって組み合わせたり、改造したりします。プロ生ちゃんの場合衣装で2万円ちょっとで作ることができました、ただし公式衣装よりは劣ります。
さて、このはちゃんの制服??ですが、つくるとして一番の難関になるのは各所にあしらわれた刺繍です。これどーやるんでしょうね??調べてみましたら、根性で手縫いする。印刷して転写シートを使って柄を転写する。筆で頑張って書く。アップリケのようにして取り付けるなどの方法がありますが、どれもこれもメンドクサイです。お金があるならコンピューターミシンでガシガシやってしまうのもありかとおもいます。具体的にこれをかってこう加工するといいよという技術論はなしです。この記事はあくまで妄想するということなのです。


ウィッグを調達しましょう

ウィッグですが、このはちゃんの髪の毛は後ろに長いですが、全体的に長いわけではないので、バンズなどのパーツで後ろだけ付け足す方法がよろしいかと思います。それはおいといて、コスプレ用のウィッグを検索するといろんな会社の製品がでてきますので、いい感じの選んで、このはちゃんの髪型にカットしましょう。ちなみに私はカットのセンスがないので毎回美容師さんにお願いしています。量産型このはの場合地毛でやられてる方も多めなので、普通のウィッグであくまで量産型デースっていうのもありかと思います。


こまかいパーツ

このはちゃんのオーバーニーソックスですが、わりとありそうでない感じのやつなので探すしかないです。はい、今回はあくまで妄想なので探しません。
ヘアピンなども既製品でいいと思います。靴も既製品でいいと思います。わりと難しくない気がします。


なりきるために

まぁ、男性がやる前提ですと、まずムダ毛剃れ―ってなります、頑張って剃りましょう。そしてオーバーニーソックスなのですが、下にストッキングははきましょう。そして化粧は気合いで頑張ってください。

ということでざっくり書いてみましたが、いかがだったでしょうか??
さんこうにはならないけど、コスプレって大変なんだーということが伝われば私としては十分です。
それではよいConohaライフを


上村佐織でした。良いクリスマスをー。

最後に
このはちゃん清楚可愛い。
posted by 椎名つなみ at 00:00| ConoHa